ここ数年の猛暑による熱中症への関心は勿論ですが、同時に紫外線に対する関心は少しづつ高まっています。オゾン層破壊による紫外線増加といった環境問題としての関心だけでなく紫外線による健康への影響についても同様です。身近な紫外線対策は健康で心豊かに生きる為、大切なアプローチだと考えております。一生のおつきあいとなっているお肌の健康を守る為の紫外線対策の御提案を通じてお役にたてるよう、此方ブログにて情報発信を投稿させて頂きます。

当社は
◆人と自然に優しく効果的な商品開発に努めます◆

~日焼け止めを学校に持参することを禁止している学校があることに疑問を持っており健康被害が明らかなのに子どもを守るための運用が出来ていない事が残念です。ここにも力を尽くしたいと考えています。~
「公平(フェア)」には敏感なのに「平等」には少し鈍感?な日本で平等なツールや入口を増やしたいと思っています。
日焼け止めを学校に持参する事により”持参できる家庭と出来ない家庭がある”ことに学校側が拘っている(公平?)とのことをラジオで耳にしました。健康被害から守ることを平等にしたいと感じました。

*公平について*
「公平に拘り平等に拘らない日本人」平等とは対象があり、その下で権利が一様という事。何かの権利を一か所に集めて、それを再分配する事により全員に同じ権利がある状態を指す。対して公平はフェアという事。システム内にエラーが無い事やズルや不正や優遇しないという事「日本再興戦略」(落合陽一氏)より紫外線対策の重要さ