紫外線の影響は地域や個人により異なりますが紫外線の影響が強いと考えらえる場合は状況に応じて対策を行う事が効果的です。本日は昨日お伝えした幾つかの対策について詳細をお伝えしたいと思います。

「日傘や帽子の利用」
日差しの強い時の外出には日傘の利用も効果的。最近は紫外線防御機能の高い日傘も増えました。
また帽子は直射日光を遮ってくれます。特に幅の広いつばのある帽子は、より効果的。
だた日傘や帽子でも太陽からの直接の紫外線は防げますが大気中で散乱している紫外線や照り返しによる影響までは防ぐことは出来ません。

「衣服で覆う」
袖が長く襟付きのシャツのように体を覆う部分の多い衣服の方が首や腕、肩を紫外線から守ってくれます。
また皮膚に到達する紫外線を減らす衣服としては、しっかりとした織目・網目を持つ生地を選ぶ事です。生地を透かして太陽をみれば簡単に分かります。
”濃い色調で目が詰まっている衣類が一番良い”ことになりますが通気性や吸収性が悪いと暑い時期には熱中症の心配がありますので、心地よく着ていられるものを選ぶと良いそうです。

「アイウェアの利用」
紫外線の影響は眼にも。長時間、屋外で活動する場合等はサングラスの利用が良いそうです。
サングラスや紫外線カットの眼鏡を適切に使用すると眼へのばく露をカットする事ができます。(最近は普通の眼鏡にも紫外線カットのレンズが使われるようになりました。)
なお色の濃いサングラスは眩しさを軽減する効果が高いのですが、この場合は紫外線防止効果がきちんと施されたレンズかどうかが大切になります。
濃い色のサングラスをかけると眼に入る光の量が少なくなる為、瞳孔が普段より大きく開きます。その為、紫外線防止効果の不十分なレンズでは、かえって沢山の紫外線が眼の中に侵入し危険な場合もありますので注意が必要です。
御自身が使いやすい好みの色レンズ、または無色のレンズに紫外線防止対策が施されているサングラスを利用すると良いのですね。

「日焼け止めを上手に利用」
顔など衣類で覆うことのできないところには大人は勿論の事 子どもも、上手に日焼け止めを使用することが効果的。
乳児の場合は紫外線の強い時間帯の外出はしない、また覆いをするなど工夫すれば必ずしも必要という事ではないようです。
月齢が進めば乳児でも使用できるとされている処方のものもありますが、何かをつければ落とすことが必要となりますので注意が必要かと考えます。

*またの機会に日焼け止めについて詳しく お伝えしたいと思います*