こんにちは。いつも有難うございます。

様々な日焼け止め対策について、いつもお伝えしておりますが本日は日傘の選び方についてポイントを幾つかご紹介。

1.日傘の色は、外側は淡い色、内側が黒がオススメ

まずは日傘の色ですが白い日傘が見た目も涼しげで素敵ですが機能面で言えば
外側が白っぽい色、内側は黒”の日傘がが、日よけと紫外線対策の観点からはオススメのようです。
「白は、日光(紫外線)を反射する色。」
「黒は、日光(紫外線)を吸収する色。」
というのは、外側の生地は日光を反射して紫外線を防ぎ、内側は地面からの照り返しを黒色で吸収することで紫外線を防ぐことが狙いだからだそうです。

また、白っぽい色は熱も吸収しにくい色。
直射日光が当たる日傘の外側を白にすると、外側が黒い傘よりも暑くなりにくいです。

但し予算やデザインの関係でどうしても、内も外も同じ色の日傘を選ぶなら、白と黒どっちが良いかというと、黒です。黒以外ならできるだけ紺色など色が濃いものを選んだ方が紫外線をよく吸収してくれます。

 2.UVカット加工をしている生地なら実は色はなんでもいい

同じ日傘でも、色で効果に違いがあることがわかりましたが、実は生地に「UVカット加工」をしているものであれば、色はさほど気にする必要はありません。

生地にUV加工を施す方法は大きく分けて二つあります。

一つは”布を染色する段階で、紫外線吸収剤を一緒に染み込ませる”方法。

もう一つは、”出来上がった日傘に後から紫外線吸収剤を吹き付ける方法”です。

吹き付けるタイプのUV加工は、洗浄や摩擦で加工が剥がれやすく、使用するうちに紫外線に対する効力が低下しますので、2〜3年で買い直しをする方が良いです。

UV加工がしっかり効力を発揮している間は、どんな色の日傘でも紫外線に対する効果に差はありません

しかし、加工の方法によっては効力が低下してきますので、それを補うためには紫外線対策できる色の傘を選んでおく必要があると言えます。

3.生地の素材によっても紫外線カット効果が違う

日傘に張る布地の素材によっても紫外線カット効果は変わってくるようです。
綿や麻などの天然素材は紫外線は生地を透過しやすく紫外線カット効果が低いです。しかし、熱が日傘の内側にこもりにくいといメリットもあります

一方、紫外線カット効果が高い素材はポリエステルです。
ポリエステルはUVカット加工を施さなくても、生地自体で9割の紫外線がカットできます。
そのポリエステルに、カーボンやチタンなどの無機物を練りこんで紫外線カット効果をさらに高めたものもあります。これは、染み込ませたり、表面に加工するUVカット加工と違い、洗浄や磨耗に強いので紫外線カット効果が長続きします。

しかし、ポリステルは天然素材と違い、熱が内側にこもりやすい点はデメリットです。

4.日焼けしたくない!暑さ対策もしたい!その両方を叶えるなら「遮光率」に注目!

日傘を使うのは主に暑い時期。できれば日焼け対策だけでなく、暑さへの対策もしたいですよね。
日傘にはUVカット率を表示して販売しているものもありますが、日焼け対策と暑さ対策で日傘を使うならUVカット率だけではなく「遮光率」にも注目して下さい

遮光率は高ければ高いほど、光線を透過させません

つまり、遮光率の高い日が日傘は、日焼けの原因となる「紫外線」はもちろん、暑さを感じる原因となる「可視光線」や「赤外線」も透過させない、ということです。

紫外線カット機能の加え、遮光率が高い日傘なら暑さの対策もでき夏の外出が快適に!
これらの条件をできるだけ多く満たした日傘ならば、効果的な日焼け対策グッズです。