いつも有難うございます。
本日は紫外線対策としてのサングラスの選び方についてお伝えしますので参考になさって下さいね。

紫外線から目を守るためにサングラスも大切です。
通常の日常生活で紫外線を浴びても、目には特に問題ありません。
しかし、長い時間、強い紫外線を浴びてしまうと、「充血」や「ドライアイ」「眼精疲労」などを引き起こしたり、眼の病気になるリスクも高くなるそうです。

屋外で長時間を過ごす場合は、紫外線カット機能がついたサングラスなどで目を守るようにしましょう。
また目になるべく強い紫外線が入らないように工夫をすることも、シミ予防等の美肌作りのひとつです。

 

●サングラスは薄めの色を選ぶ

サングラスを選ぶ場合、レンズの色が濃いほうが紫外線対策に効果があるようなイメージですが実は違うようです。

濃い色のサングラスをかけると、暗い部屋に入った時と同様によく見えないため、目は光を多く取り入れようとして、瞳孔を大きく広げて見ようとします。すると、せっかくサングラスをかけていても、目に紫外線を多く取り込んでしまうという、逆効果に。
サングラスを選ぶ場合は、なるべく薄い色のレンズがおススメです。

因みに濃い色のサングラスは眩しさを軽減することに長けていますので比較的紫外線の影響がすくない時期に、夕日が眩しい!というようなタイミングで使用されるが良いではないでしょうか。あとは素敵なオシャレアイテムとしても♪

 

●紫外線カット機能の確認をする

あとサングラスを選ぶ場合のポイントは紫外線カット機能です。
「紫外線透過率」「紫外線カット率」など、メーカーなどによって違う表示がされていますが、なるべく紫外線カット機能が高いものを選ぶこことだそうです。

また、紫外線カット機能は永久ではありません。何年も前から使っているサングラスなどは、注意が必要です。レンズにキズがついていたりしないか、確かめてから使ってくださいね。これは日傘にも言えることです。