いつも有難うございます。
8月1日からサイト内でBLOGを始めておりますが、これまで紫外線対策や、それに関連する情報をお伝えしてまいりました。
これから紫外線対策だけではなく、もう少し範囲を広げてお伝えしていこうと思います。
「お役立ち化粧品リテラシー」と題しまして美肌のために知っておきたい!知ってお得!な情報を発信して参ります。


本日は「水性成分概要とグリセリン」についてお届けします。

水、または水に溶けやすい成分で粉などの固形の成分を溶かす「溶剤」としての働きも担っています。
保湿剤は
潤いを与える・保つ「保湿作用」の他「肌への浸透を高める」「肌を柔らかくする」働きがあると言われます

 

種類 表記例
水・精製水・常水・温泉水など
エタノール エタノール
★保湿剤 ★グリセリン・BG・DPG・PEG類・ヒアルロン酸類・コラーゲン類・糖類

 

★グリセリンについて★

【保湿力がとても高い優秀な保湿剤】
表記例…グリセリン
体への働き…保湿・音感
配合の目的…なし

 

他の保湿剤と併用すると、のびや滑りがアップ

グリセリンはたっぷり使っても感触が変わらず高い保湿力をもつ成分。単体でも保湿力はありますがヒアルロン酸類やコラーゲン類と併用すると更に保湿効果が高まるといわれています。

 

温感タイプの化粧品に使われる

グリセリンには水と混ざると発熱する性質があり温感化粧品として使用されることがあります。この場合は大量に配合されているため成分表示の最初にグリセリンが表記されています。

 

コストパフォーマンスがいい成分

グリセリンは安価で安全性も保湿力も高いため多くの化粧品で使われています。

 


 

参考文献:久光一誠先生著「化粧品成分表示の読み方手帳」より