いつも有難うございます。
8月1日からサイト内でBLOGを始めておりますが、これまで紫外線対策や、それに関連する情報をお伝えしてまいりました。
これから紫外線対策だけではなく、もう少し範囲を広げてお伝えしていこうと思います。
「お役立ち化粧品リテラシー」と題しまして美肌のために知っておきたい!知ってお得!な情報を発信して参ります。


本日は「水性成分概要とBG・DPG」について、お届けします。

水、または水に溶けやすい成分で粉などの固形の成分を溶かす「溶剤」としての働きも担っています。
保湿剤は潤いを与える・保つ「保湿作用」の他「肌への浸透を高める」「肌を柔らかくする」働きがあると言われます

 

種類 表記例
水・精製水・常水・温泉水など
エタノール エタノール
★保湿剤★ グリセリン・BG・DPG・PEG類・ヒアルロン酸類・コラーゲン類・糖類

 

★BGについて★

【ベタつかず防腐作用も高い保湿剤】
表記例…BG(医薬部外品では1,3-ブチレングリコールとも)
体への働き…保湿
配合の目的…溶解・増粘・触感調整・制菌

 

菌が育ちにくい環境をつくってくれる

保湿剤御三家(グリセリン・BG・DPG)ともいえるメジャーな成分。
ベタつかないのが特徴で植物からエキスを抽出する溶媒としての働きもあります。
また菌が育ちにくい環境をつくる働きもあるので防腐作用も高いマルチな成分。

 

防腐剤フリーもしくは防腐剤を少量に

防腐剤を減量または使わない為に、BGが効果を発揮する化粧品もあります。保湿と防腐、両方の効果がある優秀な成分といえます。

 

★DPGについて★

【さらっとした使用感でのびがいい】
表記例…DPG(医薬部外品ではジプロピレングリコールとも)
体への働き…保湿
配合の目的…触感調整・増粘・制菌

 

穏やかな保水力と使用感のよさが特長

ベタつかずサラッとした感触で化粧品では非常に良く使用される成分。肌の上でスーッとのびる感触を楽しめます。

 

BG同様、防腐作用も高い

菌が育ちにくい状態をつくり、BGと同じように防腐作用も高い成分。日本では防腐剤の印象があまり良くない為BGとDPGが使われることが多いです。海外製品では「防腐は防腐剤の仕事」と割り切っている為BGとDPGは日本ほどは多用されていません。

 

DPGと似て非なるPG

PG(プロプレングリコール)も保湿剤のひとつ。海外製品には良く使用されますが日本ではかつて表示指定成分だた為イメージが悪く現在では殆ど使用されていません。名前は似ていてもDPGとは別の成分。


 

参考文献:久光一誠先生著「化粧品成分表示の読み方手帳」より