いつも有難うございます。
8月1日からサイト内でBLOGを始めておりますが、これまで紫外線対策や、それに関連する情報をお伝えしてまいりました。
これから紫外線対策だけではなく、もう少し範囲を広げてお伝えしていこうと思います。
「お役立ち化粧品リテラシー」と題しまして美肌のために知っておきたい!知ってお得!な情報を発信して参ります。


本日は「柔軟・保護で整える油性成分」油脂について、お届けします。

水に溶けない性質の成分。スキンケアでは水分の蒸発を防ぎ肌のバリア機能を強化。メイクでは肌になじませ化粧ノリを良くする成分。ヘアケアでは髪の艶やセット力を高めます。

 

種類 表記例

炭化水素

ミネラルオイル・ワセリン・スクワランなど
高級脂肪酸 ラウリン酸・ミリスチン酸・パルミチン酸・ステアリン酸・オレイン酸・べヘン酸など
高級アルコール ステアリルアルコール・ベヘニルアルコール・イソステアリルアルコール・セタノール・コレステロールなど
★油脂 植物性:オリーブ果実油・ツバキ油・シア脂など/動物性:馬油など
ロウ(ワックス) 植物由来:キャンデリラロウ・ホホバ種子油など/動物性:ミツロウ・ラノリンなど
石炭由来:モンタンロウなど
エステル油 エチルヘキサン酸セチル・トリエチルヘキサノイン・ミリスチン酸イソプピルなど
シリコーン ジメチコン・アモジメチコン・シクロペンタシロキサン・トリメチルシロキシフェニルジメチコンなど

 

★油脂について★

【皮脂に近くエモリエント効果が抜群】
表記例…植物性:オリーブ果実油・ツバキ油・マカデミアナッツ脂・ヤシ脂・ココナツ脂・アーモンド脂・コメヌカ脂・シア脂・アルガンオイルなど/動物性:馬油など
体への働き…保湿・蒸発防止・保護・柔軟
配合の目的…触感調節

 

肌なじみがダントツによい油性成分

油脂はわかりやすく動植物の名前がついていることからイメージも良く好感度も高い油性成分。実際に人間の皮脂と構造が似ている為、塗った時の肌なじみが良く油性成分の中でも相性が最も良いといえます。

エモリエント効果が高く使い心地もよい

水性成分の保湿力は「モイスチャー効果」ですが油性成分の保湿力は「エモリエント効果」と呼ばれています。
これは水分蒸発を防いで潤いをキープし皮膚を柔らかく保つという意味。乾燥肌で、かさつきがちの人は油脂の入った化粧品を選ぶと良いかもしれません。また乳液やクリームのテクスチャーを使いやすく向上させる目的でも配合されます。

 

植物の種や実、動物の体内で作られる天然成分

植物の実や動物の体内で作られている油なので油性成分の中でも天然系・ナチュラル系といえる。

 


 

参考文献:久光一誠先生著「化粧品成分表示の読み方手帳」より