いつも有難うございます。
8月1日からサイト内でBLOGを始めておりますが、これまで紫外線対策や、それに関連する情報をお伝えしてまいりました。
これから紫外線対策だけではなく、もう少し範囲を広げてお伝えしていこうと思います。
「お役立ち化粧品リテラシー」と題しまして美肌のために知っておきたい!知ってお得!な情報を発信して参ります。


本日は「柔軟・保護で整える油性成分」シリコーンについて、お届けします。

水に溶けない性質の成分。スキンケアでは水分の蒸発を防ぎ肌のバリア機能を強化。
メイクでは肌になじませ化粧ノリを良くする成分。ヘアケアでは髪の艶やセット力を高めます。

 

種類 表記例
炭化水素 ミネラルオイル・ワセリン・スクワランなど
高級脂肪酸 ラウリン酸・ミリスチン酸・パルミチン酸・ステアリン酸・オレイン酸・べヘン酸など
高級アルコール ステアリルアルコール・ベヘニルアルコール・イソステアリルアルコール・セタノール・コレステロールなど
油脂 植物性:オリーブ果実油・ツバキ油・シア脂など/動物性:馬油など
ロウ
(ワックス)
植物由来:キャンデリラロウ・ホホバ種子油など/動物性:ミツロウ・ラノリンなど
石炭由来:モンタンロウなど
エステル油 エチルヘキサン酸セチル・トリエチルヘキサノイン・ミリスチン酸イソプピルなど
★シリコーン ジメチコン・アモジメチコン・シクロペンタシロキサン・トリメチルシロキシフェニルジメチコンなど

 

★シリコーンについて

【水も油もはじいて滑らかな感触に】
表記例…ジメチコン・アモジメチコン・シクロペンタシロキサン・トリメチルシロキシフェニルジメチコンなど
体への働き…保湿・整肌
配合の目的…溶解・分散・感触調整・撥水・撥油(はつゆ)・ツヤだし・消泡

 

シリコンは元素、シリコーンは化合物

シリコンは「ケイ素」という金属元素の名称でシリコーンはケイ素と酸素の繰り返し構造を持った高分子化合物
化粧品で使われるのはシリコーン。間違えてシリコンと書かれることもある。

オイルフリーでもシリコーンを使用する場合も

水に溶けない性質を持つことから、ここでは油性成分として扱います。但しシリコーンの多くは油にも溶けにくい性質があるので「水・油・シリコーン」と分類しているメーカーもあります。「シリコーンは油ではない」という考え方でシリコーンを使用していても「オイルカット・オイルフリー」とうたう化粧品もあります。独自の分類を定義しオイルカット・オイルフリーとうたって非常に沢山の特性をもつシリコーンをうまく使っています。

 

ヘアケア製品には欠かせない

スキンケアではよく使用されるのはジメチコン。油の特徴であるベタつきやギトギト感がなく、さらっとした使用感。被膜を作り水はじきが良い為、ハンドクリームや洗い流さないトリートメントにも使用。ヘアケアで良く使用されるのはアモジメチコン・アミノプロピルジメチコン。髪への付着性が高いシリコーンで髪にツヤを出したり髪の表面にしっかりとした保護膜を作り髪をダメージから守る保護効果もあります。

 

ノンシリコーンシャンプーが増えているけれど…

この数年、シャンプーなどのヘアケア製品で「ノンシリコーン」をアピールするものが増えています。
ヘアケアにおけるシリコーンの役割は毛髪に付着してきれいな保護膜を作ることがメインですからコンディショナーやトリートメントは必須です。シャンプーに関してはシリコーンが入っていると洗髪時のきしみを抑える作用はあるが脂汚れを洗い流すこと自体にあまり大きな影響はありません。シャンプーに関してはシリコーンが必須ではないということです。

 

ウォータープルーフ系のメイク製品にも

メイクで使用する粉が肌の上で均一に広がり、しっかり密着するように働くのもシリコーンの得意技。
撥水力も撥油力もある為、汗に強く崩れにくくウォータープルーフタイプには必須

 

揮発性が高いタイプはしっかりメイクに

シクロペンタシロキサンは揮発性が高く肌の上に塗ると蒸発。ベタつきを抑えながらメイクの着色剤や紫外線防御剤などの粉だけをしっかり残すことができます。日焼け止めやリキッドファンデーションによく配合されています。

 


 

参考文献:久光一誠先生著「化粧品成分表示の読み方手帳」より