いつも有難うございます。
過去には紫外線対策や、それに関連する情報をお伝えしてまいりました。
これから紫外線対策だけではなく、もう少し範囲を広げてお伝えしていこうと思います。
「お役立ち化粧品リテラシー」と題しまして美肌のために知っておきたい!知ってお得!な情報を発信して参ります。


「多彩な界面活性剤」について、お届けしています。

おさらいとして…

界面活性剤は大きく分かると4タイプ

ここでは水に溶けやすい部分がどんなイオンをもつかによって4タイプに分類。
1. 陰(-)イオンをもつ「アニオン界面活性剤」
2. 陽(+)イオンをもつ「カオチン界面活性剤」
3. 状況によって変わる「アンホ界面活性剤」
4. イオンにならない「ノニオン界面活性剤」

それぞれに得意分野がありますが種類が多く一般的には表記名が分かり辛いのが難点。

うちアンホ(両性)界面活性剤」について詳細

 

3. 「アンホ(両性)界面活性剤」

表記例 コミカドプロピルベタイン・ラウリルベタイン・ラウラミドプロピルベタイン・ココアンホ酢酸Na・ココアミンオキシド・水添レシチンなど
見分け方 ✔「○○ベタイン」「○○オキシド」

✔「○○アンホ」を含む

マイルドな洗浄・殺菌で低刺激に

特徴1. イオンが臨機応変で作用もさまざま
水に溶けた時のpHによってイオンが変化する臨機応変な界面活性剤。例えばアルカリ性の場合は陰イオン、つまりアニオン界面活性剤の作用が出ます。酸性の場合は陽イオン、つまりカオチン界面活性剤の作用が出ます。アニオンとカオチンほどの作用はなく、どちらもやや弱い働きになるのが特徴。アニオンの洗浄力やカオチンの殺菌力をマイルドにしてくれるので刺激の低い化粧品に多く配合。コミカドプロピルベタインやココアンホ酢酸Naは代表格。

 

特徴2. リンスインシャンプーや子ども用シャンプーに
コミカドプロピルベタインは洗浄作用と髪を柔らかくする作用を併せ持つ為、リンスインシャンプーやトリートメント効果のあるシャンプーに配合。ちなみにこの「コミカド」とは「ヤシ油脂肪酸アミド」の「ココアミド」が略されたものでヤシが原材料ということ。

 

特徴3. 泡立ちを助けたり乳化を長持ちさせる作用も
ラウリルベタインは安定性が高く補助剤的な働きが得意。とろみや粘度をだしたり泡立ちを良くしたりあるいは乳液の状態を長持ちさせるなど様々な作用があります。ラウリルベタインとココアンホ酢酸Naには肌を保湿し柔らかくする効果もあります。

 

特徴4. 保湿効果が高い乳液・クリーム・美容液にも
レシチンとは大豆や卵黄から抽出された天然の脂質のこと。そのままでは酸化・劣化しやすいので水素を結合させた形で化粧品に配合。「水添」(すいてん)は水素を結合させて安定化させたという意味。肌の角質層になじみやすく肌荒れを防いでキメを整えるなどの効果が高いことから乳液やクリーム、美容液などに配合されています。

 

特徴5. 低刺激の洗浄剤を選びたい人は
肌の弱い人、洗浄後の肌のカサつきが気になる人はココアンホ酢酸Naやラウリルベタインが洗浄成分と併用されているものを選ぶと良いかもしれません。

 


参考文献:久光一誠先生著「化粧品成分表示の読み方手帳」より