いつも有難うございます。
過去には紫外線対策や、それに関連する情報をお伝えしてまいりました。
これから紫外線対策だけではなく、もう少し範囲を広げてお伝えしていこうと思います。
「お役立ち化粧品リテラシー」と題しまして美肌のために知っておきたい!知ってお得!な情報を発信して参ります。


本日は化粧品の個性となる機能性成分を御紹介します。

肌への効果を期待できる、いわば「美容成分」を御紹介。
流行もありますが気になる部分ではないでしょうか。いくつかを効能別にみていきたいと思います。

 

美白

シミ・そばかすを防ぐ肌のホワイトニング

 

種類 代表的な成分
1.メラニンの生成を抑制 ビタミンC誘導体・アルブチン・コウジ酸・エラグ酸・ルシノール・
カモミラET・トラネキサム酸・プラセンタエキス・リノール酸など
2.メラニンの排泄を促進 ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・リノール酸など
3.メラニンを還元 ビタミンC誘導体・エラグ酸など

 

 

美白成分には3つのアプローチがある。

シミやそばかすの原因は紫外線。紫外線を浴びると活性酵素が発生し肌を傷つけます。
これから肌を守ろうとして「メラニン」が作られます。
メラニンがシミやそばかすを作るもとなのです。美白成分はこのメラニンに対して3つのアプローチをします。

 

  1. メラニンの生成を抑制

    メラニンが出来にくい状態にする、あるいはメラニンが出来上がる状態を邪魔するという成分。つまり紫外線を浴びる前にこれを塗っておくと良いということです。

  2. メラニンの排泄を促進

    肌のターンオーバーとともに、メラニンを排泄しようと促す成分です。新陳代謝を高めることによりメラニンを早く追いだそうというもの。メラニンが作られても排出できるよう普段からこの成分を塗っておくと良いでしょう。

  3. メラニンを還元

    できてしまったメラニンを分解、メラニンではないモノに変えてしまう成分。還元とは簡単に言えば「酸素を外して別の物質に帰る」化学反応。これによりメラニンは色のない全く別モノになりシミやそばかすを防ぎます。紫外線を浴びた後のケアに最適といえます。

そもそも活性酵素はアンチエイジングの敵。活性酵素の害を防ぐ成分は美白以外にも「抗酸化成分」「アンチエイジング成分」とも呼ばれます。酸化による老化から肌を守るという意味では同じ働きをしています。

次回から具体的な美白成分のいくつかを一つずつ挙げて御紹介します。

 


参考文献:久光一誠先生著「化粧品成分表示の読み方手帳」より