いつも有難うございます。
過去には紫外線対策や、それに関連する情報をお伝えしてまいりました。
これから紫外線対策だけではなく、もう少し範囲を広げてお伝えしていこうと思います。
「お役立ち化粧品リテラシー」と題しまして美肌のために知っておきたい!知ってお得!な情報を発信して参ります。


化粧品の個性となる機能性成分を御紹介しています。
その中の成分の幾つかの詳細を御紹介。
本日は「機能性成分」”アルブチン”を御紹介します。表記例…アルブチン(βアルブチン)・α-アルブチン

効能…メラニンの生成抑制

○別名・ハイドロキノン誘導体
美白効果が高いハイドロキノンは作用が強く副作用も起きやすい成分。殆どのメーカーでは安全の為、使わないか使ったとしても配合量を非常に抑えています。

このハイドロキノンと似た分子構造を持っているのがアルブチン。コケモモなどの植物に含まれる成分でメラニンの合成を阻害する作用があります。ハイドロキノン誘導体と呼ばれていますがハイドロキノンほど強烈な作用が無い為、刺激も少ない安全な成分。

○αとβの違い

一般的にアルブチンというのはβ-アルブチンのこと。成分表示ではアルブチンと表記。α-アルブチンはハイドロキノンにブドウ糖を結合したものでβ-アルブチンの10倍以上のメラニン抑制効果があるといわれています。刺激も殆どなく安定した成分。

○多くの美白化粧品に配合されている成分

アルブチンはチロシナーゼの働きを阻害してメラニンの生成を抑制する効果があります。様々な美白化粧品に配合されています。


 

参考文献:久光一誠先生著「化粧品成分表示の読み方手帳」