いつも有難うございます。
過去には紫外線対策や、それに関連する情報をお伝えしてまいりました。
これから紫外線対策だけではなく、もう少し範囲を広げてお伝えしていこうと思います。
「お役立ち化粧品リテラシー」と題しまして美肌のために知っておきたい!知ってお得!な情報を発信して参ります。


化粧品の個性となる機能性成分を御紹介しています。

「機能性成分」コウジ酸とエラグ酸について御紹介。

 

「コウジ酸」
表記例…コウジ酸
効能…メラニンの生成抑制

○米麹から発見された美白成分

コウジ酸は、味噌や醤油、日本酒の発酵に使う米麹から発見された成分。日本酒製造の現場で働く杜氏(酒造工程を担当する職人)の手が白くつやつやしていることから研究が始まったというブランドストーリーが有名。コウジ酸はチロシナーゼの中にある銅イオンを奪うことで活性を阻害する効果があります。

これによりメラニンが作れないようにしてシミやそばかすを防ぐといわれています。

 

 

「エラグ酸」
表記例…エラグ酸
効能…メラニンの生成抑制・還元

○コウジ酸同様、チロシナーゼの活性を阻害する

イチゴの美白効果に着目しそのポリフェノール成分であるエラグ酸に美白効果があることがわかりましたエラグ酸自体はブトウやイチゴ、ベリー類などの果実や木の実、茶葉などに含まれるポリフェノール

化粧品に配合されるエラグ酸はペルー原産のマメ科植物であるタラから抽出。ほかの美白成分と同様にチロシナーゼの活性を阻害してシミやそばかすを防ぐといわれています。


参考文献:久光一誠先生著「化粧品成分表示の読み方手帳」より