いつも有難うございます。

本日は
「老化の進行と酸化」について

 

“体が酸化されて老化が進行する”

細胞にダメージを与えるストレスとして最大のものとされるのが「酸化」です。

鉄を空気中においておくと錆びていきます。身近なところでいえば、りんごの皮をむいて少し時間が経過すると表面が茶色になります。この何方もが酸化です。酸化とは酸素の持つ電子が他の化学物質と結合することを言います。

これと同じようなことが私達の体にも起こっています。勿論、酸化は肌細胞にも起こります。

 

どのようにして起こるか…

その元凶といえるのが活性酵素です。
私たちは呼吸により酸素を体内に取り入れていますが、その一部が体に悪さをする物質に変化したものが活性酵素です。
実は活性酵素には良い点もあります。活性酵素は強力な酸化による殺菌能力があり細菌やウイルスから私たちの体を守ってくれています。しかし過剰にできてしまうと正常な細胞まで攻撃してしまい細胞の老化を進めたり生活習慣病を引き起こしたりします。

活性酵素を生み出す原因とは

◆喫煙
肺がんを引き起こすとされる喫煙は活性酵素を増やす原因です。タバコの煙を吸うと白血球は煙に含まれる有害物質を除去しようとして多量の活性酵素を作ります。またタバコの煙にも活性酵素の一つである過酸化水素が含まれており体内の酸化や炎症を引き起こし活性酵素を産出する物質が多く含まれています。
タバコを吸う人は勿論、吸わない人も煙にさらされることで活性酵素が体内で多量にできてしまいます。

副流煙対策も活性酵素を減らし老化防止に繋がります。

 

紫外線
日光の紫外線は活性酵素を大量に発生させます。
現在、フロンガスによるオゾン層の破壊が深刻化。オゾン層が有害な紫外線を吸収して私達を守ってくれているのでオゾン層の破壊が進めば紫外線により体内で発生する活性酵素の害は大きくなるということです。

私達の顔や手などに紫外線があたるとその刺激で皮膚組織に大量の活性酵素が発生。そしてこの活性酵素がメラニン色素の形成を促進し、組織にダメージを与えシミやそばかす、しわ、たるみの原因になります。
紫外線の刺激は目、特に水晶体にもダメージを与え、DNAを傷つけ皮膚がんの原因にもなるといわれています。

紫外線防御対策をすることで老化防止に繋がります。

 

食品添加物
加工食品、菓子類、清涼飲料水などさまざまな食品に使用される食品添加物。保存料、甘味料、着色料、香料などは食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されています。
これらの化学物質も活性酵素を発生させます。

添加物を一切、使用しない食べ物だけを食卓に届けることが難しいと思われますが上手に選んで購入し食生活も豊かにすることで老化防止に繋がります。

 

激しい運動
適度な運動は健康に有効。しかし激しい運動は酸素の消費量が増える分、活性酵素の発生量も増加するとされます。

適度な運動を心掛け健やかな体づくりは老化防止に繋がります。

 

放射線
レントゲン撮影や放射線治療で放射線を浴びると活性酵素が発生。遺伝子にも影響を与えることがあります。

病の早期発見に繋がる健康診断等でのレントゲン撮影等の頻度であれば、さほど神経質にならずとも良いようです。

 

環境汚染
ダイオキシンや環境ホルモンなど様々な有害物質も活性酵素を発生させます。自動車の排出ガスによる大気汚染も活性酵素を増やすようです。

電気自動車やハイブリット車などの開発が進んでいるようです。また個々に出来る範囲で小さなことからでも心掛けたいものです。


参考文献:北條元治先生著「美肌のために必要なこと」より