いつも有難うございます。

本日は
「必須アミノ酸とそれを多く含む食品」について

 

“必須アミノ酸とそれを多く含む食品は以下の通りです”

 

リジン
体の組織、臓器の成長や修復、免疫やホルモン、酵素の合成、代謝や脂肪の燃焼に関わるアミノ酸。さらにウイルスの働きも抑制します。
小麦粉や精白米に不足しがちなアミノ酸です。

○リジンを多く含む食品…牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品、卵、アボカド、マンゴー、リンゴ、桃、パパイヤなどの果実類、いわしやタラなどの魚類など

 

フェニルアラニン
神経細胞や脳信号を伝達するための神経伝達物質になるアミノ酸。抗うつ効果があり気分を高揚させる働きもあります。

○フェニルアラニンを多く含む食品…米、小麦などの穀類、豆類、卵、牛乳、チーズといった乳製品など。

 

ロイシン
筋肉を維持、増強する働きがあり、疲労回復、免疫力を向上させます。肝機能を増強する作用も。過剰摂取は免疫力を弱める事になります。

○ロイシンを多く含む食品…小麦などの穀類、さつまいもなどのイモ類など。

 

イソロイシン
神経の働きを助けたり、血管や肝臓、筋肉などを成長・強化する働きがあるアミノ酸。

○イソロイシンを多く含む食品…鶏肉、鮭、牛乳やチーズなど。

 

バリン
成長に深く関係し筋肉を修復する働きがある。また血液内の窒素バランスを整え疲労回復もサポート。肝臓にも働きかけます。

○バリンを多く含む食品…レバー、プロセスチーズなど。

 

メチオニン
血液中のヒスタミンやコレステロールの濃度を抑える。アルコールから肝臓を守り抗うつ効果もあります。過剰摂取は肝障害や視力低下、血管障害につながります。

○メチオニンを多く含む食品…肉類や魚介類、乳製品や豆類など。

 

スレオニン(トレオニン)
成長や代謝の促進、肝臓への脂肪蓄積を予防、胃炎を改善するなどの働きもある。

○スレオニンを多く含む食品…卵、スキムミルク、ゼラチンなどの動物性たんぱく質に主に含まれます。

 

トリプトファン
肝臓、腎臓で分解されエネルギーになります。
セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質、メラトニンなどの脳内ホルモン、成長ホルモンの材料になる。

○トリプトファンを多く含む食品…チーズ、カツオ、しらす干し、大豆、ごまなど。

 

ヒスチジン
成長に深く関わり、神経機能の補助、関節炎の症状緩和、ストレス軽減、記憶力向上、紫外線によるダメージの予防など。

○ヒスチジンを多く含む食品…マグロ、カツオ、鶏肉など。

 

★これらの必須アミノ酸はサプリメントでも販売されていますが偏りのない食事をしていれば必要充分な量をとることができます。★

参考文献:北條元治先生著「美肌のために必要なこと」より