いつも有難うございます。

本日は
「活性酵素を無害化」について

“活性酵素を無害化する食品をとろう”

老化や生活習慣病をもたらす活性酵素が体内の組織や細胞で生じるにもかかわらず生きていけるのは私たちの体に酸化から自分を守るためのさまざまな防御システムが備わっているからです。

 

発生した活性酵素を抑制・分解処理したり生じたダメージを修復したり…そのような抗酸化作用を持つものが抗酸化酵素や抗酸化物質。

 

 

野菜に含まれるフィトケミカルの抗酸化力も注目されています。

(フィトケミカルとは…
植物が紫外線などの有害なものから体を守るために作り出された色素や香り、辛み、ねばねばした成分のこと。必須栄養素ではないものの体にとって良い作用をするため健康維持のため摂取したい重要な成分である)

 

主な抗酸化物質を多く含む食品
抗酸化物質 食品名
βカロテン(ビタミンA) ピーマン・人参・かぼちゃ等の緑黄色野菜
ビタミンC ナッツ類・大豆など
ビタミンE ナッツ類
カテキン 緑茶
セサミン ごま
ポリフェノール 赤ワイン・ブルーベリー・リンゴ・ココア
フラボノイド類 豆類・玉葱・しそ・緑茶
含硫化合物 ニンニク・キャベツなど
アスタキサンチン 鮭・えび・かになどの色素

 

★活性酵素を発生させてしまう原因には紫外線やストレスなど様々。タバコを控える、アルコールを摂りすぎないことも活性酵素の予防対策になります。★

 


参考文献:北條元治先生著「美肌のために必要なこと」より