いつも有難うございます。

本日は
「腸内環境を改善」について

“腸内環境を改善しよう”

便秘になると肌のハリやツヤが無くなったりイキビ、肌荒れ、くすみなどの肌トラブルに悩まされる…こうした経験をもつ人は多いはず。

便秘は体内に栄養を取り込む臓器である腸のトラブル。栄養の吸収と栄養素の生成を行う腸のコンディションは美肌に大きな影響力を持っています。

どんなに肌に良い物を食べても腸の状態が悪ければ栄養素がうまく吸収されませんし体に不要な物質を排出できなくなります。

腸にはたくさんの細菌が棲んでいて、この腸内細菌は人の分泌する消化液や消化酵素では消化できない栄養分を分解したり体内では作る事が出来ないビタミンを合成したりと大切な存在。

 

その為、腸内環境を整えることが摂取した栄養を有効に使う為のポイント。

人間の腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類に分類。

「日和見(ひよりみ)菌(きん)」とは善玉菌・悪玉菌のどちらにも属さず、どちらかの優勢な方の働きをする菌。

大切なのはこのバランス。悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことが腸内環境を整えることになるのです。

加齢に伴い腸内の善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌の割合が減っていき悪玉菌が増えます。

腸には多くの免疫細胞が大集結。体全体の約7割の免疫細胞が腸になるといわれています。腸を元気にすれば免疫力もアップ。勿論、肌の免疫力にもプラスの効果があります。

 

腸内のバランスをよくするために普段の食事に取り入れたい食品は…

✔ 善玉菌を増やす働き…発酵食品(ヨーグルト・キムチ・納豆・チーズ)

 

✔悪玉菌を減らす働き…水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類。それぞれ働きが異なる。

水溶性食物繊維とは水分を含みやすいので便を柔らかくする働きがあり海藻類や果物、オクラやモロヘイヤなどのネバネバした野菜に豊富に含まれている。

不溶性食物繊維とは腸の中で水分を含んで便の量を増やし腸を刺激して蠕動運動を活発にする働きがある。ごぼうやさつまイモなどの繊維質が多い野菜に含まれている。

これらをバランス良くとることが重要。

 

✔善玉菌の餌になるオリゴ糖も腸内細菌のバランスを整えるのに役立ちます。

◎ガラクトオリゴ糖…牛乳や乳製品など

◎フラクトオリゴ糖…にんにく・アスパラガス・ねぎ・たまねぎ・ゴボウ・大豆など

◎大豆オリゴ糖…大豆や醤油・味噌などの大豆製品など

◎乳果オリゴ糖(ラクトスクロース)…発酵ヨーグルト

◎キシロオリゴ糖…とうもろこし・たけのこなど

◎イソマルオリゴ糖…はちみつなど

◎ラフィノース…キャベツ・ブロッコリー・アスパラガス

◎ラクチュロース…牛乳や乳製品など

◎コーヒー豆マンノオリゴ糖…コーヒー豆

◎グルコン酸…はちみつ・ローヤルゼリー・大豆・米・しいたけ・発酵食品


参考文献:北條元治先生著「美肌のために必要なこと」より