いつも有難うございます。

本日は引き続き
「2つの紫外線」について 

紫外線が肌細胞を傷つけ乾燥の他に肌を老化させる大きな原因となっています。

 

2つの紫外線とは

 

UVA(紫外線A波)

UVAは外見的な赤み(サンバーン)や肌の水ぶくれなどは起こしにくいものの、紫外線の中で波長が長い為、皮膚の深部まで到達。またUVAはUVBと異なり大部分がガラスを透過し空全体が雲で覆われている場合でもかなりの部分が地表に到達します。

室内でも日のあたる場所では紫外線対策が必要とされています。長時間UVAを浴びると皮膚の老化を促進しまた表皮にある淡色メラニン色素を濃色メラニン色素に変化させて皮膚を黒化させます。

肌のシミやしわの原因となるとされています。

また皮膚に障害を与える活性酵素を発生させます。

 

UVB(紫外線B波)

日光を浴びた影響で肌が赤くなったり水ぶくれする日焼けはUVBが原因。UVBは皮膚の免疫機能を低下させ長時間浴びると皮膚癌の原因になります。UVBはUVAに比べ波長が短い為、オゾン層のバリアによって阻まれる割合が高く、その割合は全ての紫外線量の10%程度。その為、日傘や帽子、長袖の衣服、日焼け止めである程度防ぐことができるとされています。

紫外線ケアに役立てて頂きたいことについて良くある質問

Q1. 曇った日は日焼けしない?
A. 日焼けします。天気の良い日に比べると、うす曇りの場合は約80%から90%、曇り空の場合が約60%、雨の場合でも約30%の量の紫外線が。

雲の間から、太陽が出ているような場合は雲からの散乱光が加わる為、快晴の時よりも多い紫外線が観測されることもあるようです。

Q2. 冬の紫外線は危険ではない?
A. 一般的に冬の紫外線は弱いのですが雪による反射は2倍近い暴露量になります。ちなみに地表面の種類により反射率は異なります。アスファルトや草・土<砂浜や水面の順で高い山では注意が必要です。

一般的には標高が1,000M高くなると紫外線は約10%強くなるといわれています。
但し大気が非常に澄んでいる場合などはさらに紫外線が強くなります。

Q3. 水の中では日焼けしない?
A. 水はわずかな紫外線しか防いでくれません。水深50㎝で地表の40%の紫外線が届きます。また水の反射は紫外線暴露量を増やすといえます。

最後に太陽の光に暑さを感じない時には日焼けを起こさないと思っていらっしゃる方も…
暑さを感じるのは赤外線によるもの。日焼けは私たちが感じることの出来ない紫外線によるものです。暑さを感じる感じないに関わらず太陽光を浴びれば紫外線の影響を受けています。


参考文献:北條元治先生著「美肌のために必要なこと」より