心身と生活2

心身と生活

いつも有難うございます。

本日は引き続き
「心身と生活」について

 

✅ メンタルヘルスにも気を配ろう

 

アトピー性皮膚炎を持っている人は、メンタルで肌のコンディションが大きく変わることを実感されていると思います。

そのメカニズムについてはまだ解明されていない部分も多いのですが、

例えば慢性的なストレスが肌老化を促進したり真皮層のコラーゲンの減少を招いてシワをふやしたりするといった研究結果もあります。

 

またニキビがある人はストレスが多いとか、ストレス度が高い人には肌の痒み神経が敏感化しているといったデータも出ています。

 

とても興味深いのは、心身の緊張をリラックスさせると肌の水分保持機能が高まりバリア機能の回復が早まったり炎症が抑えられたりするということです。

 

適度なストレスは体の免疫システムを活性化させるため外部の刺激や細菌たちから身を守る抵抗力を身に付けるために必要ですが過度なストレスや満席的なストレスは肌の状態を悪化させます。

 

また緊張すると口の中が渇いたりしますが同様に肌のうるおいも減少します。

つまり心が緊張している時や暗い時は、うるおいが減って肌も暗くくすむのです。

臨床経験から肌の美しさは、その人の精神状態が非常に深くかかわっていることを実感します。

心が穏やかでリラックスしている人はいい笑顔の人が多いですが、そうした人は肌も実際にうるおい、より美しく見えるものです。
ですから肌のうるおいを維持してより美肌になる為にも、ぜひいい笑顔になれる瞬間を1日に1回はつくるようにすると良いでしょう。
たとえ今、仕事やプライベートでストレスを抱えているとしても1日1回くらいならいい笑顔になれる瞬間を意識的につくることは出来るのではないでしょうか。

 

美味しい物を食べる。好きな番組を見る。そんなことでいいのです。美肌菌を応援するためにも、できるだけいい笑顔をふやしていきましょう。


参考文献:出来尾 格 先生著「化粧水やめたら美肌菌がふえた」より

 

関連記事