いつも有難うございます。

本日は7日、七草粥を頂くことで、無病息災を祈るという習慣の一日でもあります。

七草粥は実際からだにも良いということで美容と健康に繋がると思い…本日の話題と致しました。

我が家でも毎年、作っていただいております。(今年もスーパー等で、この時期みかける「七草粥セット」なるものを購入し気軽に七草をget致しました。)

 

本日は、そんな七草粥について、お伝え致します。

御存知の方もいらっしゃると思いますが、なぜこの七草なのか…という部分が詳しく書かれているものがありましたので抜粋して御紹介させて頂きます。
(小学館「HagKumはぐくむ」より)

 

七草粥を食べる意味

七草粥は、無病息災、長寿健康を願って食べますが、そのほかにも食べる理由があります。それは、お正月のご馳走で疲れた胃を、七草粥で休ませることです。春の七草やお粥には、胃をいたわる作用があるとされています。

七草粥の種類

七草粥に入っている「春の七草」。その7つの野草の名前を言えますか? ここでは、春や秋の七草と、夏や冬の七草について解説しましょう。

七草粥に入っている「春の七草」ってどんな野草?

春の七草

春の七草は、平安時代に四辻の左大臣が詠んだ短歌、
「せりなづな 御形はこべら 仏の座 すずなすずしろ これぞ七草」
が由来とされています。

その春の七草のそれぞれの特徴をご紹介しましょう。

セリ(芹)

名前の由来は、競り合うように生えることから。この名前に「(競争に)競り勝つ」という意味がかけられています。受験などにぴったりの植物といえますね。

ナズナ(薺)

ペンペン草とも呼ばれるナズナ。ナズナには、「なでて汚れを取り除く」という意味があるそうです。食べることで、解熱や利尿作用の効能があると言われています。

ゴギョウ(御形)

ゴギョウとは「人形」のこと。これは、「仏のからだ」を表し、縁起物とされています。

ハコベラ(繁縷)

「繁栄がはびこる」ことから、こちらも縁起物。腹痛や歯槽膿漏の薬として使用されてきた植物です。

ホトケノザ(仏の座)

葉が、仏様が座っている座のようなかたちをしており、紫の花が咲きます。胃を健康にし、整腸作用があるとされています。

スズナ(菘)

スズナは、かぶのことです。すずなは、神を呼ぶ鈴に見立てられたことから「鈴菜」と書くこともあるのだそう。消化を促進し、便秘解消の作用を持つと言われています。

スズシロ(蘿蔔)

すずしろは、大根のこと。「汚れのなき清白」を意味します。風邪予防に最適と言われています。

無病息災