いつも有難うございます。

本日は「極端な糖質制限」について

 

極端な糖質制限は肌にダメージを与えます

 

✅ 「ばっかり食べ」はフードアレルギーリスクを高める

 

これまで御紹介してきた美肌菌のための食事術。

いろいろあって、全部の実践は大変!という方は先ずは和食中心の生活に切り替えてみるだけでも効果があります

 

和食にする場合は昔ながらの基本である「一汁三菜」が理想的。

 

スーパーフードで美容に良いからといってアーモンドばかり食べるなど、一つの食材に偏ってたべると危険。

遅延型フードアレルギー(食物過敏症)になるリスクを高めます。

遅延型フードアレルギーは老化も早めるそうですから美容の面でも大敵。

 

その点、昔ながら和食メニューならひとつの食材に偏らないので良く栄養を摂取することができます。
昔の人にならって、折々旬のものを食べるようにすればさらに良いでしょう。

本来は季節によって食べられるものは限られているため「ばっかり食べ」など出来るわけがないんですね。

 

和食は美肌菌が喜ぶ食物繊維とともに「腸の薬」といわれる発酵食品が豊富。味噌、醤油、ぬか漬けなど。

植物性乳酸菌や酵母などの微生物がいることがわかっています。

 

近年1日1食健康法などもブームになっていますが長期的にみれば生活習慣病の発現率が高くなるのではないかと思います。

 

栄養やカロリーは何度かに分けてとったほうが無駄なく効率的に吸収できます。

また1日1食は食後の血糖値の急上昇も招きやすく糖化を早めます。


参考文献:小林暁子 先生著「医者が教える最高の美肌術」より