いつも有難うございます。
本日は「外側-美肌菌」を御紹介いたします。

 

✅ 肌にいる菌が少ない程、肌はキレイになりますか?

一般的に菌というと「雑菌」を連想し有害なもの、汚いものというイメージがあるかもしれませんが決してそのようなことはありません。

腸内細菌でいうところの「善玉菌」「悪玉菌」のように人体に良い働きをする菌もあれば悪さをする菌もあるのです。

また、単純に「善玉」「悪玉」とは言いきれない菌もたくさんいます。

例えば皮膚の常在菌(人体に存在している菌で病原性のないもの)のうち「アクネ桿菌(かんきん)」は皮膚を弱酸性に保ち悪い最近が増殖するのを抑える役目をはたしています。

しかしこのアクネ桿菌(かんきん)が何らかの原因により過剰に増えてしまうとニキビなどの原因になるのです。

つまり大事なのはバランスだということ。「徹底的に洗顔して肌から菌を排除すれば美肌になる」などということはありません。

 

 

 

✅ 肌の常在菌は、どんな働きをしているの?

皮膚には多くの常在菌が棲んでいますが代表的なものが「表皮ブドウ菌」「アクネ桿菌」「黄色ブドウ球菌」の3種類。

これらの菌は共生しながら菌の持つ酵素により皮脂を分解して皮膚を保護する物質をつくり出しバリア機能を保つ役目を果たしています。

 

 

✅ 菌によって肌トラブルを受けるのはどんな時?

✔湿疹や傷などで表皮が破壊されると外から悪さをする菌が入り込み肌トラブルが起きます。
✔また全身の問題として免疫力が低下しているときにも菌が入りこみやすくなり肌トラブルが起きやすくなります。
✔病的な要因だけでなく睡眠不足、疲れ、ストレスといった日常的なことでも免疫力は低下します。
✔さらに先に説明した常在菌のバランスが崩れることでも肌の状態は悪化します。

肌も腸と同様に菌のバランスを崩さないように生活する工夫が必要。

 


参考文献:小林暁子 先生著「医者が教える最高の美肌術」より