いつも有難うございます。

 

こんな場合はどうすれば?化粧品に関するQ&Aをまとめました。

 

Q1「お肌に合わない場合はご使用をおやめください」とは、具体的にどのような場合ですか。

 

answer…化粧品は、肌に対する安全性について十分な注意を払い、通常の使用において刺激やトラブルの起こることのないよう設計・製造されています。
しかし、使用する人の体質や体調、季節や年齢などによって、使用中または使用後に、ほてり、かゆみ、赤み、痛み、腫れなどの異常が肌にあらわれることがあります
化粧品の注意表示では、このような症状を「お肌に合わない場合」と言い、症状の悪化を防ぐために「ご使用をおやめください」として、直ちに使用を中止するように呼びかけています

症状によっては、専門医の受診をおすすめします。

 

日本化粧品工業連合会WEBサイトより


 

初めて使用する化粧品に関わらず

今迄、使用していて問題がなかった化粧品が体調の変化や季節の変り目などの外的要因等により突然、肌荒れを起こすなど心配になることがあります。何が直接の原因かも出来るだけ明らかにしたいですし、いづれにしても使用は一旦中止して専門医の受診が大切なようですね。