いつも有難うございます。

本日は

「シミやそばかすをカバーする為の使い分け」について

 

シミ・そばかす→ピンポイントでカバーできるかためのコンシーラー

適しているコンシーラータイプ:スティック・パレット・リキッド・ペンシル

シミ・ソバカスのように範囲が狭く、色も濃い部位には、ペンシルやスティックのように、カバー力が高く、細かいところでも描きやすい細身のアイテムを使用しましょう。

できるだけ肌色に近いものを選び、隠したいところにピンポイントにのせて指やスポンジでなじませます。

 

ニキビ→凸凹をカバーできるかためのコンシーラー

適しているコンシーラータイプ:スティック・パレット・リキッド・ペンシル

ふくらみのあるニキビをカバーする場合は、いかに凹凸を埋められるかがポイントです。

カバー力が高い、かためのテクスチャーのコンシーラーをブラシにとり、ニキビより少し広めにのせて少しずつなじませていきます。

色は自分の肌色に近いものを選びましょう。

 

シワ(目元・ほうれい線)→光を集める柔らかめのコンシーラー

適しているコンシーラータイプ:リキッド・クリーム

目元やほうれい線にできた浅めのシワであれば、光を集めるタイプのコンシーラーでカバーできる場合があります。

できるだけテクスチャーが柔らかく、光でカバーするタイプやパール感のあるコンシーラーを選びましょう。

シワに対して直角に塗り、指かスポンジでなじませます。

 

赤み(ほお・小鼻)→広範囲の使用に向いている柔らかいテクスチャーのものを

適しているコンシーラータイプ:スティック・リキッド・クリーム

頬の赤みであれば、グリーンのコントロールカラーを薄くつけるだけでもある程度カバーできます。

赤みが強くコントロールカラーだけで隠れない場合は、広範囲につけても厚塗り感が出にくいクリームタイプのコンシーラーを使いましょう。