いつも有難うございます。本日も皆様に参考にして頂ける内容を御紹介致します。宜しくお願い致します。

本日は

「紫外線防御について」

日焼け止め(紫外線防止剤)には「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2種類があります。

防御剤の2種類について
その中でも「紫外線吸収剤」については以下のような情報もございますので併せて御紹介致します。

 

1. 2021年から、ハワイ等では「紫外線吸収剤」含まれる日焼け止め禁止に!

米ハワイ州のイゲ知事は、サンゴ礁への有害性が指摘される物質を含んだ日焼け止めの販売や流通を禁じる法案に署名しました。

これは世界初の試み。ハワイでは2021年1月1日に発効するそうです。販売禁止となるのは、

紫外線吸収剤の「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」が含まれる日焼け止め。

観光客が持ち込んだ日焼け止めは規制できないが、同州はサンゴ礁への有害性(サンゴの白化)を伝えていきたいとしています。

でもそもそも日本で売られている日焼け止めの成分に、『オキシベンゾン』と『オクチノキサート』が使われているのか?

調べてみたところ、日本で『オクチノキサート』は『メトキシケイヒ酸エチルヘキシル』という別名で呼ばれている成分です!!

『メトキシケイヒ酸エチルヘキシル』は、最も有名でかつ最も使用頻度の高い紫外線吸収剤です。

しかも日本で市販されている日焼け止めには、この『メトキシケイヒ酸エチルヘキシル』が主成分に配合されているもの多い。

 

オキシベンゾンとオクティノセイト(BIHI – ハワイろぐ)

日焼け防止のために配合される成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱(反射)剤がある。オキシベンゾンとオクティノセイトはどちらも紫外線吸収剤。

紫外線吸収剤自体が、紫外線を吸収する際に皮膚上で化学変化を起こし、別の物質に変わる(または副産物が発生する)ことから肌への負担が大きいと言われ、日本でも紫外線吸収剤を含まない商品はいくつも販売されている。

紫外線吸収剤…日本では環境保護の観点よりも人体への影響を考慮し、オキシベンゾンを含む製品は少なくなっているが、日焼け止めに限らず、化粧品やシャンプーなど用途は広い。禁止されていないが、経口摂取の際の毒性や、アレルギーの誘引、発がん性などが懸念され、表示指定成分となっている。ネガティブリスト

オクティノセイトは日本の製品には「メトキシケイヒ酸オクチル」または「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」と表示されており、日焼け止めに含まれる一般的な成分。日本の大手メーカーのファンデーションなどにも多く使われている。

出展:沖縄REPEAT 2018.07.23、BIHI 2018.7.16
参考:https://www.drifter.okinawa.jp/sunscreen/?pathinfo=sunscreen

 

2.またFDA(アメリカ食品医薬品局)が発表した試験結果によると

 

1.日焼け止めに配合されている「紫外線防止剤(吸収剤)」が体内に取り込まれ血中に流れこんでいることがわかりました。

2.試験を行ったのは「アボベンゾン」「オキシベンゾン」「オクトクリレン」「テレフタリリデンジカンフルスルホン酸」の4種類。

3.被験者24名全員から、いずれの成分も血中よりFDAの定める値を超える濃度で検出されました。

4.いずれの成分においても現段階では重大な悪影響は認められていない。

5.長期的な安全性は分からない。

6.体内に取り込まれないことが明らかなのは全16種の紫外線防止剤の中で「酸化チタン」と「酸化亜鉛」のみ。


当社は以上のような情報より総合的に比較判断して「紫外線散乱剤のみ使用」が現在の皮膚科学・健康維持・環境問題に優しい!!と結論付けて商品を開発販売致しました。