いつも有難うございます。
当社が目指す「エイジレス」で心豊かな人生の為には、きっと「アンチエイジング」という考え方も含まれていると思い御紹介したい内容がありますので過去の「Precious」という記事を参考にさせて頂き、本日より数回に渡り「アンチエイジング」の基本情報をおさえた上で美容ケアや食生活、運動、睡眠などのケアを、お伝えしたいと思います。

 

「アンチエイジング(anti-aging)」

見た目はもちろん、体の中からもアンチエイジングができるよう、以下の順に御紹介致します。

「アンチエイジングとは?」
「老化の原因」
「アンチエイジングの効能」
「アンチエイジングと食事・飲み物」
「アンチエイジングと生活習慣」
「アンチエイジングとトレーニング」

 

【9】アンチエイジングと生活習慣/トレーニング

アンチエイジングと運動

骨密度や筋肉量は、運動などをしないと加齢とともに減っていく

 

筋トレ、有酸素運動、ストレッチが有効

骨密度や筋肉量は、何もしないと加齢とともに減って行きます。それらを保つためにも適切な運動が必要です。アンチエイジング対策に有効な運動(体を動かすこと)としては、以下3つが挙げられるようです。

■ 筋トレ:筋肉量や成長ホルモン、代謝をアップする

■ 有酸素運動:内臓脂肪を減らしたり、メタボリック症候群を予防する有酸素運動のひとつであるウォーキング。ウォーキングは、記憶と思考を改善したり、認知症を予防したりなど、脳にも作用する可能性がある

■ ストレッチ:肩こりを緩和して、姿勢が悪くなることを防ぐ。体の柔軟性を保つことで美しさにもつながる

 

自宅でできる簡単な筋トレ

スクワットや腕立て伏せなど、自宅で簡単にできるトレーニングがオススメです。筋肉には、全身に血液を巡らせる役割があります。トレーニングで筋肉を鍛えると、血行がよくなり、冷え性の改善につながります。また、基礎代謝がアップし、太りにくい体づくりをサポートします。また、適度な運動は成長ホルモンの分泌を促します

 

手軽に始められるウォーキング

手軽に始められるウォーキングも効果的です。1日20分、週2回を目標に行うようにしましょう。まとまった時間がない方は、1回5分を4セットでもかまいません。ウォーキングをすると血行がよくなり、肌細胞に酸素や栄養が行き届いて、ターンオーバーが活発になるため、美肌効果が期待できます。また、筋肉量が増えて基礎代謝がアップし、太りにくい体に近づくことができます。

 

ストレッチや日常生活で「NEAT(非運動性熱産生)」を活用

運動の時間がとれない人は、就寝前や起床後のストレッチや、仕事や家事を利用しましょう。歩幅を大きく早足で姿勢よく歩く、エスカレーターではなく階段を使う、通勤時に隣の駅まで歩く、歩きながらお腹を凹ませて姿勢を整える、毎日少しずつ雑巾がけをする、などを取り入れてみてください。


なかなか継続が難しいときく運動習慣。私は「超ゆるゆる運動」習慣を始めました。
「超ゆるゆる運動」と名付けたのは仮に効果が無いに等しい運動量の”超ゆるーい運動”でも毎日、続けてみること。です。

極論ですが…例えば「スクワットを1回だけ思い出した時に1日の内に必ず実行!」とか(笑)「たった1回!って!?」と(全く”運動”とは呼べないかもしれませんね)思われますでしょう。

私自身もそう思いますが、実際に運動を続けることができないでいる為とにかく毎日1回でも、たった1回でも「余分に体を動かす!」行動して「継続している。継続できた」感を出してみようとチャレンジします。
実際に出来るようになれば回数を増やしたり運動のバリエーションも増やせばよいですよね。

外見や体調などに違いが感じられてきました際には御報告致します。