「マスク日焼け」を防ぐには?

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」として、必需品となったマスク。

ソーシャルディスタンスがとれない場合や熱中症のリスクが低い場合にはマスクの着用を推奨されています。

夏場に向けて心配なのが、マスクの部分以外が日焼けして、マスクの部分が白っぽく残る可能性です。

 

「マスク日焼け」のような事態は起こり得るのでしょうか。
そうであれば、日焼け止めによる対策など、どのようにすればよいのでしょうか。
マスクによる肌荒れ対策も含め、アヴェニュー表参道クリニックの院長佐藤卓士先生(皮膚科・形成外科)に聞きました。

 

日焼け止めは顔全体に

Q.長期間、外出中ずっとマスクをしていると、マスク部分を残して日焼けする可能性はあるのでしょうか。

佐藤先生「マスク部分を残して日焼けする可能性はあります。
マスクの素材にもよりますが、肌が露出している部分と比較すると、マスク部分の方が紫外線の到達量が少なくなります。
そのため、日焼け色の程度に差がでてきます。
もっとも、マスク部分に到達する紫外線はゼロではないので、マスク部分も多少日焼けをしますが、
露出部の方がより紫外線を浴びる量が多いので、色に差が生じることになります」

 

Q.日焼け止めを塗るとしたら、マスク以外の部分でしょうか。
それともマスクに覆われている部分も含め、全体に塗った方がいいのでしょうか。

佐藤先生「紫外線の到達量に差が出ないようにする必要がありますが、日焼け止めを塗ったマスク以外の部分と、
日焼け止めを塗らないマスク部分の紫外線の到達量を全く同じにするのは難しいです。
マスクの遮光効果を期待してマスクの場所には日焼け止めを塗らず、マスク以外の部分に強い日焼け止めを塗って終日、
紫外線を浴びた場合、逆にマスク部分の方が色が濃くなるという事態が生じる可能性があります。
日焼け止めは顔全体に、均一に塗ることをおすすめします」

 

Q.外出中はマスクを外さないという前提で、マスク日焼けをある程度抑える方法はありますか。

佐藤先生「外出中は露出部分が直射日光に当たるのを避けるため、つばの広い帽子をかぶる、日傘を差すなどの対処が必要です。
しかし、空気中で散乱した紫外線や地面・建物から反射した紫外線もあるので、完全に避けることは難しいです。
要は、顔の部位によって紫外線の当たる量に差が出ないようにすることが大事ですので、
外出するならば、やはり顔全体に、均一に日焼け止めを塗るのがよいでしょう」

 

Q.気付かないうちにマスク日焼けの跡がついてしまった場合、何らかの対応策はありますか。

佐藤先生「日焼けした直後の発赤を早く引かせるには、クーリング(冷やすこと)と保湿が大事です。
日焼けの色がついてしまった場合はビタミンCを摂取したり、ビタミンC入りのローションなどを塗布したりしつつ
保湿ケアをしましょう。

 

Q.日焼けとは直接関係ありませんが、マスクを長期間着けておくことによって肌荒れする可能性はありますか。

佐藤先生「もちろんあります。マスクが肌と擦れると物理的な刺激で角層(角質層)がダメージを受け、
肌のバリアー機能が低下します。
すると肌に炎症が起きやすくなり、赤みやかゆみ、湿疹などが生じやすくなります。

また、マスクの蒸れで一時的に潤った感じになるので、保湿のスキンケアを忘れがちになります。
マスクを外した直後は肌の水分が蒸発するので、逆に乾燥が進行してしまいます。
さらに長時間マスクを着用していると蒸れのために雑菌が繁殖しやすくなりニキビを悪化させる原因にもなります」

 

Q.マスクによる肌荒れを避けるためには、どのような対策をすべきでしょうか。
また、肌が既に荒れてしまった場合は、どのようにすればよいでしょうか。
外出中はマスクを外さない、という前提です。

佐藤先生「まずは、清潔で肌当たりの柔らかいマスクを使用してください。マスク部分は
特に肌のバリアー機能が低下しているため、保湿のスキンケアをしっかりしましょう。
化粧水で水分を補い、肌を保護するクリームや乳液などを塗布してください。

摩擦によるダメージを防ぐには、ガーゼやコットンなどを挟んでマスクをすることも有効です。
外出時間をなるべく短くすることなどで、マスクを外せる機会を増やすことも心掛けましょう。
それでも肌荒れが起きてしまったら、低刺激性の保湿剤を使用し、湿疹やニキビがひどくなったら
まずは市販の外用薬で様子をみてください。それでも改善しなければ、皮膚科を受診しましょう」


アヴェニュー表参道クリニックの院長佐藤卓士先生(皮膚科・形成外科)のお話より