免疫力をアップさせるポイントをご紹介しております。今回はお風呂について。
実践できるもの、手軽だと思うものから試してみてください!

半身浴では効果減! 40℃のお湯で10分全身浴

 

気温が高くなるこれからの季節、湯船には浸からずにシャワーで済ませる方も少なくないと思いますが
免疫力を高めるという点ではやはりきちんとお風呂に入ることも欠かせないそうです。

温泉療法専門医で、生活習慣としての入浴を医学的に研究する東京都市大教授の早坂信哉先生のお話し
からご紹介いたします。

「お風呂に入ることで体が温まり、血流がよくなります。そして、自律神経をつかさどる副交感神経を
高めてくれることで免疫力が働きやすくなるので、副交感神経を高める入り方をするのがおすすめです」

 

 

40℃のお湯で10分全身浴」たった10分でいい

✅温度が大事で、副交感神経を高めるには40℃が最適
10分で十分な入浴効果が得られますので、長湯する必要はありません。
✅長湯も悪くはないですが熱中症の危険も出てくるため、その場合は途中で休憩しながら入ったほうがよい。

 

 女性に人気の半身浴は?

✅半身浴は、簡単に言うと温熱効果も半分になります。
40℃の全身浴なら10分で済むところを、半身浴だと効果が出るのに20分かかるということです。
✅高齢者や呼吸機能が落ちている方などには、水圧などの負荷が少ない半身浴をおすすめすることもありますが
元気な人にとってはゆっくり入れる分、本を読んだりテレビを見るなど、お風呂の滞在自体を楽しむというメリットがあります。

 

 温浴効果を高めるという点では、入浴剤もおすすめです

✅炭酸系が特におすすめ
✅皮膚から炭酸が吸収されて、血管を直接拡張させるので血流がよくなる。
お湯に入れてから約2時間は効果が持続するものが多いようです。

 


私も湯船には、ほぼ毎日つかるようにしていますが何ら事情でシャワーで済ませていた数日があったときなどは
改めて湯船にゆったりとつかる事がとてもリラックスできていると感じました。
寝つきも良くなると感じました。