むくみ改善におススメ食材を前回5つご紹介いたしましたが、その成分詳細や
おススメ保存方法などを食材ごとにお伝えいたします。

トマト

 

トマトの冷凍保存

冷凍することで旨味成分であるグルタミン酸が出やすくなり、旨味を感じやすくなるなどのメリットがあります。

 

トマトを冷凍するメリット

冷凍することで、加熱調理する時に便利になるというメリットがあります。

  • トマトを加熱調理すると、栄養の吸収率が上がり、旨味も濃縮されて美味しくなります。
  • 赤いトマトに含まれるリコピンは抗酸化作用がありダイエットや美肌に効果が期待されていますが、加熱調理することで吸収率が約3に!
  • 緑黄色野菜であるトマトに含まれているβカロチンは、体内で風邪予防に効果があるビタミンAに変わります。
  • 脂溶性ビタミンであるビタミンAは、油と一緒に加熱調理することで吸収されやすくなります。
  • トマトの旨味成分であるグルタミン酸も、加熱調理することで増加します。

油と共に加熱調理することで、トマトのおいしさと栄養がアップ!

 

鮮度と栄養を維持できる

一番鮮度が良く栄養が詰まっているトマトというのは、旬の時期に完熟状態で収穫されたとれたてのトマトです。

トマトの鮮度と水溶性ビタミンは、時間とともに水分が抜けていくのと同時に、失われていってしまいます。

おいしくて栄養のある完熟状態のまま冷凍保存することで、おいしさと栄養が失われていくのを緩やかにして、美味しく頂ける期間を延ばすことができるのです。

皮むきがしやすくなる

トマトを加熱調理するときに面倒なのが、皮の湯むきではないでしょうか。

冷凍保存したトマトを水の中に入れるだけで、皮がするりと簡単にむけるというのは、嬉しいメリットですね。

皮に多く含まれているリコピンを取りこぼさないために、皮ごと頂きたいという方にも、おろし金で丸ごとすりおろすことができる冷凍トマトは便利です。

味が浸みこみやすくなる

トマトソースにしてから冷凍保存しているという方も多いかもしれませんが、意外と手間がかかります。

冷凍トマトなら、細胞が壊れていて味が浸みやすく、崩れやすいのでトマトソースを作るのも簡単です。

使う時に味付けできるので、どんな料理にも使いやすいのが嬉しいですね。

カレーや煮込み料理を作るときにも、最後に冷凍トマトを入れれば、簡単に旨味が増し、美味しくなります。


トマトを冷凍保存することで、たくさんのメリットがあることに驚きました。
購入した食材をうまく効率的に使って献立をつくることは大切なことの一つですよね。
冷凍保存することで、さらに美味しく栄養価も上がるなんて一石二鳥!真っ赤なトマトをたくさん買って早速試してみようと思います。