心豊かな人生のために心身の健康は大きなポイントです。
やはり口にする食べ物で身体はつくられるという言葉が響きます。上質な睡眠と良質な食べ物で、健康を保つことは免疫力UPにもつながります。
そんな話題をお届けします。

夏野菜オクラ

夏が旬でネバネバ、シャキシャキ食感がおいしい食材「オクラ」。栄養価も高く、夏バテ防止や免疫力アップにも効果が期待できる食材です。

 

オクラは緑黄色野菜のひとつで、非常にたくさんの栄養を含んでいます。
なかでも特徴的なのが、あの「ネバネバ」。オクラ独特のネバネバにも、実はうれしい栄養素が含まれています。

 

オクラに含まれる栄養と効能

 

夏が旬の緑黄色野菜であるオクラには、様々な栄養が含まれおり特にオクラの特徴でもある
ネバネバには食物繊維や夏に嬉しい栄養が含まれています。

 

ペクチン

「ペクチン」とは水溶性食物繊維のひとつで、血液中のコレステロール値を下げる働きや血糖値を下げる
働きを持っています。そのほかにも、オクラには「ガラクタン」や「アバラン」などといった食物繊維も豊富に含まれています。

 

水溶性食物繊維

「水溶性食物繊維」とは何かというと、食物繊維の一種です。ひとことに食物繊維と行っても、大きく2種類に分かれます。

  • 不溶性食物繊維
    不溶性食物繊維は水に溶けにくい糸状・繊維状の成分です。ゴボウなどの野菜や大豆などの豆類、きのこなどに多く含まれています。
    保水性が高く、胃腸の中で水分を含んで大きく膨らむため、便のかさを増して腸の蠕動運動を促し、便通を促進
  • 水溶性食物繊維
    水溶性食物繊維は水溶性食物繊維は水に溶けやすく、オクラのようにネバネバしたものと、サラサラしたものがあります。
    オクラ以外には、わかめや昆布などの海藻類、こんにゃく、里芋などに多く含まれています。

粘性・吸着性があり、一緒に摂取した糖や脂肪の吸収を穏やかにしてくれます。
さらに、大腸内で発酵・分解されると腸内環境が整って善玉菌が増えるため、整腸作用も期待できます。

 

ムチン

オクラのネバネバに含まれる代表的な成分。
ムチンは炭水化物とタンパク質の複合体であり、山芋やれんこん、なめこなどのぬめりにも含まれている成分です。

特有の粘り気は胃の粘膜を保護したりタンパク質の吸収を促進させる働きがあり、夏バテの改善・予防に最適な成分です。さらに、整腸作用も。

 

βカロテン

βカロテンはビタミンAの前駆体で、体内に吸収されると、必要な分だけビタミンAに変換されます。
緑黄色野菜に多く含まれている成分で、抗ガン作用や免疫力アップのほか、ビタミンAとして視力の維持、皮膚や粘膜の正常維持などにも。


 

オクラは切ると断面が星のように見えるため、子どもたちが小さな頃は見た目を喜んで食べてくれました。
こんなに栄養価が高かったんだぁとシミジミ…。もっと食卓にあげれた良かったかなぁと思いました。

次回は長持ちする保存方法なども御紹介いたします。